{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

Denim Jacket, Buckle Back,13.75Oz,Black Denim

35,200円

送料についてはこちら

  • 36

    ¥35,200

  • 38

    ¥35,200

    SOLD OUT

  • 40

    ¥35,200

    SOLD OUT

  • 42

    ¥35,200

    SOLD OUT

生地:13.75オンス・アメリカンコットン100%・右綾生機デニム G ジャン、我ながらWORKERSの最近の型紙はよくできていると思います。 襟型は213風、四角い襟。着ると、襟先がワイドスプレッド気味になる。落ち気味の肩、袖丈は長すぎず。丈も60 センチ近辺で長すぎず、短すぎず。自分でも、21FW に作った針無しシンチの一枚を良く着ています。が、針無しシンチを作ったら次は針シンチも作りたくなってしまいました。 だ「シンチ変えました」では面白くない。ならばと、古いデニムジャケットの仕様を混ぜボタンは一回り小さい物を。ボタンの足も新しく少し丸みがあるもの。リベットはつぶし。つぶすための道具を新しく、つぶした跡、点が出るタイプ。 デニム、WORKERSオリジナル、米綿100%の13.75オンス。 綿はクラシックな雰囲気を醸し出すため、ペルーやインドなど、米綿以外を混ぜる方法もあります。そこをあえて米綿100で。結果、柔らかく着やすい生地になりました。 ブラックは経糸(タテ)が硫化染め。糸の芯までブラックに染めているので、徐々にグレーに変化する生地。 綿を取りに行った時のレポートはこちらに。 http://www.e-workers.net/store/old/201601/p1.htm フラップ裏は厚み軽減&ちょっと遊びで抜染生地。 精密な「何年モデル」は他のメーカーさんが作られているのでWORKERS は「古い色々な年代の仕様を混ぜて」「いかにも1900 年代中期以前のデニムジャケット」を感じる一枚にしました。 G ジャン、春・秋はアウター。T シャツやシャツはもちろん、ハイネックのような少しドレスな物と合わせてもカジュアルなG ジャンとテイストが違って面白い。冬はインナーにも使えますが、針シンチにご注意ください。シンチベルトを切っ てしまうのも手です。 縮みの激しい生地なのでOW/タンブラー乾燥して縮ませてからのお届けになります。 詳細画像はこちらもご覧ください http://www.e-workers.net/store2/202301/g1.htm

セール中のアイテム