{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/23

Trousers, Working,"M-41", Denim, Blue

17,600円

送料についてはこちら

  • 30

    ¥17,600

    SOLD OUT

  • 32

    ¥17,600

    SOLD OUT

  • 34

    ¥17,600

  • 36

    ¥17,600

    SOLD OUT

「M-41」は通称。本来「Trousers Working」とそっけない名称。 ARMY のスペックがあり、戦闘服というよりは雑役に使われたであろうワークウェア。 ここにとても詳しく掲載されています CCC Uniforms https://sites.google.com/view/ccc-uniforms/home PANTS: TROUSERS, WORKING, DENIM, BLUE, QM SPECIFICATION 6-124A CIRCA 1919 https://sites.google.com/view/ccc-uniforms/fatigues-1933-42?pli=1#h.p_hhtw8DzofUUr スペック番号は6-124 でamendment(改定)A までは背面にバックル有、 おそらくB 以降はバックル無し。今回はバックル無しバージョン。 前は一見チノパン、でも後ろはワークパンツ的貼り付けポケット。さらに腰帯は別帯。似てはいるけどチノパンとは違う仕様。ボタンはARMY と入ったメタルボタン。 シルエットは極太。ダーツが無いので腰回りはタイト目ですが、また上を深くすることで窮屈さを無くしています。 素材、オリジナルに近い10オンスデニム。生地屋さんが「いわゆる大戦頃のミリタリーカバーオールやパンツに使われるデニム」を目指して開発したもの。緯糸(ヨコ糸)が生成りではなく少しカーキベージュに染めています。そのため、織り上がると本来白く見える緯糸部分が濃くなり、結果、全体のインディゴ色も濃く見えます。 昔は緯糸に「白度が高い生成り糸が使えなかっただけ」なのかもしれません。それをあえて、糸を染めてまで参考にしたオリジナルの緯糸の色合いに合わせた生地です。 http://www.e-workers.net/store/202307/e1.html http://www.e-workers.net/store/202307/e2.html http://www.e-workers.net/store/202307/e3.html http://www.e-workers.net/store/202307/e4.html

セール中のアイテム